数学科の専門に関するカリキュラム:

数学科では、さまざまなカリキュラムを実践し取り組んでいます。まず基礎を学び、基礎となるトレーニングを受け、代数、幾何、解析、確率・統計、計算機の5つの研究分野の中から個々の選択科目を選び学んでいきます。東海大学が実施しているセメスター制度は、学生の科目選択の自由度が増すというメリットがあるほかに、不合格科目のリカバリーが早めにでき、また早期セメ スターに集中的に単位を修得しておけば、後期は資格取得活動や海外留学にあて、多様な経験や幅広い知識を修得することができます。

教養も身につける:

数学科の専門科目以外にも、一般教養科目が多数開講されています。専門科目と並行して学ぶことにより、幅広い教養も身につけましょう。