ニュース:                    Facebook からも情報配信中】

談話会・研究集会の予定:

過去に開催された記録はこちらをご覧ください。

8/11 オープンキャンパス

2018/08/02 投稿

8月11日(土)にオープンキャンパスが行われます.

数学科の学科体験授業は19号館3階で行う予定です.

 

[1回目] 11:00〜11:40 

[2回目] 14:00〜14:40 

[教員相談] 14:40〜15:00

 

皆様の参加をお待ちしております.

7/22 オープンキャンパス

2018/07/11 投稿

7月22日(日)にオープンキャンパスが行われます.

 数学科の学科体験授業は19号館3階(19-307)にて行う予定です.

 

講師:中野 雄史 先生

テーマ:コイン投げで学ぶ,大学の確率論入門

ーーコイン投げの集計を通して,中心極限定理を体験するーー

 

[1回目] 11:00〜11:40 

[2回目] 14:00〜14:40 

[教員相談] 14:40〜15:00

 

皆様の参加をお待ちしております.

6/17 オープンキャンパス

2018/06/13 投稿

6月17日(日)にオープンキャンパスが行われます.

 

数学科の学科紹介企画は19号館3階にて

[1回目] 11:00〜11:40 

[2回目] 14:00〜14:40 

というスケジュールで行われます.

2018.01.18 談話会

下記の通り、談話会を開催します。

 

日程:2018年1月18日(木)17:00 -- 18:00

場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3 (18--831)

講演者:酒井 祐貴子 氏(北里大学 一般教養部)

タイトル:実乗法をもつ種数2, 種数3の曲線の具体的構成について

アブストラクト:

代数曲線Xのヤコビ多様体の自己準同型環が実二次体の整数環を含むとき, Xは実乗法をもつという. 本講演では, 問題の背景や種数2の曲線に関する講演者の結果を紹介した上で, J. Hoffman 氏, D. Liang 氏, Z. Liang 氏, 岡崎 龍太郎 氏, H. Wang 氏などとの共同研究で得られた, 曲線のヤコビ多様体の自己準同型環が$¥mathbb{Z}[{¥zeta}_{7}+{¥zeta}_{7}^{-1}]を含む場合の種数3の曲線の構成についてお話しする. 

 

ダウンロード用ファイル

 

2017.10.10 談話会

下記の通り、談話会を開催します。

 

日程:2017年10月10日(火)17:00 -- 18:00

場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3(18--831)

講演者:齋藤 幸子 氏(北海道教育大学 旭川校)

タイトル:Real DPN pairsのHilbert第16問題とreal 2-elementary K3 surfacesの退化性

アブストラクト:

2-elementary K3曲面 (反シンプレクティック正則対合を持つK3曲面)に対し,その正則対合の不動点集合Aが空でないとき,それは非特異曲線であり,そのK3曲面の正則対合による商空間Yは,非特異複素曲面となる. 対(Y,A)をright DPN pairと呼ぶ. これらがさらに実構造を持つとき,実曲面RY上における実曲線RAのisotopy型を調べることは,「Hilbert第16問題」の拡張である.この問題の研究に使われてきた方法や,実 2-elementary K3曲面の退化性との関連について,解説する.

 

ダウンロード用ファイル

 

 

2017.8.8~8.10 第15回国際分類学会連合会議 (IFCS-2017)

 

下記の日程で、第15回国際分類学会連合会議 (IFCS-2017)が開催されます。

 

日程:8月8日(火)〜8月10日(木)

場所:東海大学高輪キャンパス

 

シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

2017.8.21~8.24 トポロジーシンポジウム

 

下記の日程で、第64回トポロジーシンポジウムが開催されます。

 

日程:8月21日(月)午後〜24日(木)午前

場所:東海大学高輪キャンパス2号館2B101教室

 

シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。 

 

 

 

2017.6.1/6.30 談話会

下記の通り、談話会を開催します。

 

日程:2017年6月30日(金)17:00 -- 18:00

場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3 (18--831)

講演者:佐藤 弘康 氏(日本工業大学工学部共通教育系)

タイトル:確率測度の空間上の情報幾何とそのHadamard多様体の幾何への応用

 

アブストラクトはこちらを参照ください。

 

日程:2017年6月1日(木)17:00--18:00

場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3 (18--831)

講演者:中野 雄史 氏(北見工業大学工学部)

タイトル:拡大写像のU(1)拡大に関する急冷型相関関数の指数的減衰

 

アブストラクトはこちらを参照ください。

 

2017.4.20 談話会

 

下記の通り、談話会を開催いたします。

 

日程:2017年4月20日(木) 17:00 -- 18:00

場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3 (18--831)

講演者:東條 広一 氏(東京大学大学院数理科学研究科)

タイトル:固有かつ余コンパクトに作用する簡約部分群を持つ既約半単純対称空間の分類

アブストラクト:

簡約型等質空間$G/H$に対し,固有かつ余コンパクトに作用する$G$の簡約部分群が存在すれば,$G/H$はコンパクトクリフォードクライン形を持つことが知られている.
既約半単純対称空間では12系列がコンパクトクリフォードクライン形を持つことが知られているが,このことは,上記事実の帰結と捉えられる.
逆に,上記事実によってコンパクトクリフォードクライン形を持つとわかる既約半単純対称空間はその12系列に限られることを見る.

 

ダウンロード用ファイル